第24回西東京陸上競技大会タイムテーブルと競技注意事項

タイムテーブルファイル(PDF)は、こちらから24th_timetable (35KB)
競技注意事項(PDF)は、こちらから競技注意事項 (82KB)

2019.5.25 (土)
受付開始 8:00
第24回西東京陸上競技大会タイムテーブル

トラックの部

開始 種別 種目 組数 参加人数
9:00 男子中1 1500m 決勝 1組 20名
9:10 男子中2・3 1500m 決勝タイムレース 6組 95名
9:50 男子一般 1500m 決勝 1組 4名
10:00 男子小5 100m  予選 2組 10名
10:05 女子小6 100m  予選 3組 17名
10:15 男子小6 100m  予選 3組 22名
10:25 男子中1 100m  予選 5組 39名
10:40 男子中2 100m  予選 13組 103名
11:15 男子中3 100m  予選 10組 76名
11:40 女子中1 100m  予選 6組 48名
11:55 女子中2 100m  予選 10組 75名
12:20 女子中3 100m  予選 12組 91名
12:50 男子一般 100m  予選 3組 17名
13:10 男子小4 100m  決勝 1組 6名
男子小5 100m  決勝 1組 8名
男子小6 100m  決勝 1組 8名
13:20 女子小4 100m  決勝 1組 6名
女子小5 100m  決勝 1組 7名
女子小6 100m  決勝 1組 8名
13:30 男子中2・3 200m  予選 6組 47名
13:50 女子中2・3 200m  予選 5組 35名
14:05 男子小4 800m  決勝 1組 2名
男子小5 800m  決勝 2名
男子小6 800m  決勝 10名
14:10 女子小4 800m  決勝 1組 1名
女子小5 800m  決勝 4名
女子小6 800m  決勝 6名
14:15 女子中1 800m  決勝 1組 18名
14:20 女子中2・3 800m  決勝タイムレース 3組 56名
14:35 男子中1 100m  決勝 1組 8名
男子中2 100m  決勝 1組 8名
男子中3 100m  決勝 1組 8名
14:45 女子中1 100m  決勝 1組 8名
女子中2 100m  決勝 1組 8名
女子中3 100m  決勝 1組 8名
14:55 女子一般 100m  決勝 1組 1名
男子高校 100m  決勝 1組 1名
男子一般 100m  決勝 1組 8名
15:05 男子小 4x100mR 決勝 1組 8チーム
15:10 女子小 4x100mR 決勝 1組 7チーム
15:15 男子中1 200m  決勝 1組 3名
男子中2・3 200m  決勝 1組 8名
15:20 女子中1 200m  決勝 1組 8名
女子中2・3 200m  決勝 1組 8名
15:30 女子一般 3000m 決勝 1組 1名
男子40歳代 3000m 決勝 5名
男子50歳以上 3000m 決勝 1名
15:45 男子一般 5000m  決勝 1組 4名
16:10 女子中 4x100mR 決勝タイムレース 5組 39チーム
16:30 男子中 4x100mR 決勝タイムレース 5組 34チーム
16:50 男子一般 4x100mR 決勝 1組 1チーム

フィールドの部

開始 種別 種目 参加人数
9:00 女子中 走幅跳 1組Bピット 23名
女子中 走幅跳 2組Cピット 23名
9:00 女子中 走高跳 1組 20名
10:30 女子中 走幅跳 3組Bピット 23名
女子中 走幅跳 4組Cピット 23名
11:00 女子中 走高跳 2組 19名
12:00 男子中 走幅跳 1組Bピット 22名
男子中 走幅跳 2組Cピット 22名
12:00 男子中 砲丸投 29名
男子高校 砲丸投 1名
13:00 男子中 走高跳 22名
13:30 男子中 走幅跳 3組Bピット 22名
女子小4 走幅跳 Cピット 5名
女子小5 走幅跳 4名
女子小6 走幅跳 8名
13:30 女子中 砲丸投 1組 23名
15:00 男子一般 走幅跳 Bピット 6名
男子高校 走幅跳 1名
15:00 女子中 砲丸投 2組 22名
15:50 男子小4 走幅跳 Bピット 6名
男子小5 走幅跳 7名
男子小6 走幅跳 Cピット 13名

 

競技注意事項
1 本大会は、2019年度日本陸上競技連盟競技規則および本大会要項による。
2 出場競技者の招集について
(1)招集開始および完了時刻は、競技開始時間を基準として次による。

競技種目 招集開始時刻 招集完了時刻
トラック 40分前 20分前
フィールド 40分前 30分前

(2)最終コールは、必ず本人が受けること。他の競技と時間が重複するときは、競技役員に申し出ること。
(3)最終コールを受けたトラック競技者は、出場する競技のスタート地点へ10分前までに集合すること。ただしフィールド競技者は、最終コール後ただちにピットへ集合すること。
3 ナンバーカードは、主催者で交付したものをそのままの大きさで胸と背に確実につける。トラック競技者は写真判定装置を使用するので、競技者のショーツまたは下半身の右横に腰ナンバーカードをつけること。走高跳競技者は胸又は背部のどちらかで良い。また走幅跳び競技者は胸だけでも良い。
4 競技方法は、次のとおりとする。
(1)トラック競技の400m以上は、すべてタイムレースとする。なお、100、200mについては、上位8名(同タイムの場合は抽選)による決勝レースを行う。
(2)トラック競技の走路順とフィールド競技の試技順は、プログラム記載のとおりとする。
(3)中・長距離以外のトラックレースはすべてスターティングブロックを使用する。ただし小学生は、使用したくない競技者は使わなくても良い。スタートはクラウチングスタートを原則とするが、小学生はスタンディングスタートも認める。
(4)スタート時は、“位置について”を「On your marks」、“用意”を「Set」と英語にて発声する。“立って”は「Stand up」を用いる。ただし小学生のスタート時は、“位置について”、“用意”、“立って”と日本語で発声する。
(5)一度の不正スタートでも責任を有する競技者は、スターターにより失格させられる。ただし小学生は、同一人が2回不正スタートした場合は失格とする。
(6)800mは、オープンスタートとする。
(7)走り高跳びを除くフィールド競技は、3回の試技とする。
(8)走り高跳びの最初の高さは、審判長の指示による。バーの上げ方は、最後の1人になるまで5cmとし、1位決定のためのバーの上げ下げは、2cmとする。
(9)リレーに出場するチームは、競技開始2時間前までにリレーオーダー用紙を競技者係に提出する。(オーダー用紙は、競技者係に備えてある。)
(10)競技に使用する用器具は、主催者が用意したものを使用する。
(11)写真判定装置のトラブルの際は、再レースを行います。
(12)スパイクのピンは全天候舗装用で9mmを超えないものを使用する事。ただし走り高跳びの場合は12mmを超えないものを使用する事。
5 表彰について
(1)3位までに賞状を授与する。
(2)主催者が選考した優秀競技者に優秀賞を授与する。
6 その他
(1)競技中の事故については、主催者で応急処置をするが、その後の責任は負わないので注意すること。
(2)貴重品や衣類は各自が責任を持って管理し、盗難には十分注意すること。
(3)ごみ類は、各自の責任において持ち帰ること。